病院(整形外科)と接骨院の違い

交通事故でケガを負ってしまった場合、病院か接骨院へ通院される方がほとんどかと思います。
それでは、病院と接骨院での治療は何が違うのでしょうか?

 

病院(整形外科)

レントゲン医師免許を持った先生が診察を行います。

病院での治療のメリットは、検査の設備が揃っていることです。

レントゲンやMRIを使い、骨折の有無や状態、背骨、椎間板など目に見えない組織の異常を見つけることができます。
医師の診察を受けることで、痛み止めの注射や投薬、シップなどを処方してもらえることも特徴です。

ケガの部分の治療は、一般的な牽引や電気治療のみがほとんどで、交通事故だからと特別な処置が受けられる訳ではありません。
ケガの痛みや状態が患者さまごとに違っていても、同じような治療となり、回復に時間がかかってしまうことも考えられます。

 

接骨院

施術柔道整復師(厚生労働省が認めている国家資格)の資格をもった人間が対応いたします。

病院のような検査機器はありませんので、保険を利用するといった観点からも、一度医療機関で検査を行い、その結果を持って接骨院で治療にかかると、よりスムーズな施術を受けることができるでしょう。

施術に関してですが、接骨院はむちうち症などの交通事故対応に慣れています。
また、患者さまお一人お一人のカウンセリングに時間をかけ、丁寧に施術することができます。

問診やお身体の状態をきちんと確かめ、ケガの部位だけでなく全身のバランスを整えながら手技を中心としながら、鍼灸や最新機器との組み合わせで、痛みの軽減を図ります。

おざき鍼灸接骨院では患者さまに合わせたオーダーメイドの施術を行うことができますので、早期の回復が見込むことができます。

おざき鍼灸接骨院では、交通事故患者様に対して、施術は当院で行って、検査や痛み止めなどの薬の処方は病院で行い、病院と接骨院の同時通院での治療をおすすめしております。
どのようなことでもご相談ください。

 

病院、接骨院では通院日数がカウントされます

交通事故のケガで接骨院へかかりたいけれど、保険が使えないのでは?というお問い合わせを頂くことがあります。
しかし、病院であっても、接骨院であっても、どちらも国家資格を有した治療を行うことのできる機関であり、保険の通院日数としてもちろんカウントされますのでご安心ください。

国家資格を持たない整体院やカイロマッサージ店などと混同してしまうケースが多くあるようですが、接骨院は柔道整復師(厚生労働省が認めている国家資格)の資格を持った保険の取り扱いが行える機関です。

このように保険について、分からないことがありましたら当院のスタッフへ何でもご相談ください。

保険会社や加害者によっては、通院する医療機関を指定するケースもありますが、通院先を決める権利はケガをしたご自身にあります。

つらいケガから早期回復するためにも、交通事故によるケガ治療に特化し、数多くの患者さまを診てきたおざき鍼灸接骨院へ、是非一度ご来院ください。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2018 三重県交通事故治療センター All Rights Reserved.